簿記の知識が必要

株式会社の設立には簿記の知識が必要?


会社法が見直され、株式会社の設立も昔に比べると少ない費用で可能となりました。個人事業主と違い、法人格を取得することで対外的にも「会社」と認めてもらうことができるのです。

株式会社の設立に至ってはそれなりに費用がかかります。株式会社の設立から開業までにも必要経費がかかることが分かっており、創立費、開業費などの費用は会計年度をまたがって償却できるようになっています。このような簿記の知識は株式会社を設立する前に知識として持っている人は少ないかもしれません。株式会社を作る前に簿記の勉強をしておくべきでしょうか。

簿記の知識はある程度は必要と思っている人が多いかもしれません。しかし、ある程度会社に勤めたことがある、経理部門に在籍したことがある、高校や大学で勉強した、などの経験がなくても株式会社を設立することが出来ます。解決策としては「外注化」することで解決できるのです。

会計関連を全て外注化するとそれなりに費用がかかります。最近は、インターネットがビジネスに必須のツールとして認識されているせいか、インターネット経由で入力するだけで帳簿を作成してもらえるサービスなども存在します。必要な知識は後からでも覚えることが出来ることを考えれば、知識の有無は問われることはないのです。

インターネットはこれから導入という人であれば、携帯電話やスマートフォンなどでも情報の入手は可能なことを考えると、深刻に考える必要はない、ということです。

株式会社を作った人だけではなく企業に勤めている人であっても条件によっては確定申告が必要になります。会社のことを全て自分一人で行うことができない、と判断したら思い切って経理関連は外注化することも簡単にできる時代なのです。有名な大手企業であっても日常の雑務などを外注化することが当たり前の時代ですから、経理関連はすべて外部の業者にお願いしても驚かれることはないのです。

実際、インターネットで「経理代行」などで検索をすると様々なサービスサイトが出てきます。外注化にはもちろんそれなりに費用がかかりますが、知識が全くなく、それでも起業する必要があるなどの場合は外務の専門家に依頼をすればスムーズに進むことが多いのです。最近は、起業から税務申告まで代行可能、という会計事務所も多いため外注費用も抑えることが出来るようになっています。

株式会社を作る、経営するに至っては特別な知識など必要が必要なように思われますが、外部から購入可能なものについては、コストのことだけを考えて判断すればいい、ということです。